読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代シングルマザー、日々色々☆

低所得シンママが中古マンション購入し、カツカツだけど子供と呑気に暮らす日々の話。

ダイニングと和室とリビングの、微妙で曖昧なカンケイ。

                            

実はうちのマンション、ダイニングがとても狭いんです・・・


ワンフロア内にダイニングとキッチンがありますが、およそ8畳。キッチン4畳、ダイニング4畳といったところ。

普通に考えると決して狭くはないのかもしれない。食事をするだけの部屋、という意味での「ダイニング」なら。

問題はその「ダイニング」に、私が無理やり「リビング」要素を見出そうとしていることです(^^;



そのダイニングと密接しているのが6畳の和室。引き戸を開けっ放しにすれば部屋として繋がります。


きっと、このマンションの他の部屋の人々は、この和室を憩いの間=リビングとしていることでしょう。

おそらく25年くらい前にこのマンションを作った設計者も、そのつもりでこの和室を作ったはず。



でもしかし、私は昨年9月にこのマンション買った時から、この和室に関してはこう決めていたのです。

「この和室は私の部屋!!」


うちは3DKで、ダイニングキッチン以外の部屋は、その和室6畳の他に洋室6畳・4畳があります。

子供が姉と弟の異性なので、やはり個別の部屋があったほうがよかろうと、洋室2部屋をそれぞれに与えました。

そしたら、やっぱり私だって部屋が欲しいじゃないですかー! 一応、家の主ですよっ!

そんな思いから私の中では「和室=リビング私の部屋」と、あくまでも自然に思い込みました(笑)


んなもんだから、4畳ダイニングにリビング機能をもたせようと、ダイニングテーブル、TV、ソファー、ラグマット、ガスファンヒータ、加湿器・・・って詰め込みすぎやんかー!と自分でも突っ込みたくなるほどの充実した品揃えとなっています(^^;;



一方、じゃあ和室はさぞかしマイルームとして機能しているのか?と言えば、全くノー(笑)

あるのはこのブログ書いてるパソコンくらい!

現在、TV見飽きた子供たちが集うゲームのお部屋となっています・・・

それどころか、3人の寝室になっています・・・(――;


スポンサーリンク





でも子供たちもあと数年したら、ご飯食べたらさっさと自室へ行ってしまう時がくるのでしょうか。

ひとり6畳和室で広々と眠る日がくるのでしょうか。



まーそれまでは、小狭いダイニングと私の部屋のはずの和室で、親子3人ケンカしつつ、過ごしていきたいと思います(笑)



にほんブログ村


にほんブログ村